asouworks’s blog

同人サークル『絵空事のような』の中の人の活動ブログ

【Unity初心者】Unityで始めるC# 基礎編をやってみる part.1

はじめに

今回のチュートリアルはこちら

f:id:asouworks:20190213234918j:plain

 

Unityで始めるC#
から「脱出ゲーム」のチュートリアルやっていきます。

※本人スペック
Unity未経験
プログラミング未経験
いわゆる全ての知識が0の初心者です。

 

 

 

Unityで始めるC#

初心者が買いそうなUnity書籍関係でいろいろ調べてみたら
まずはこの本「Unityで始めるC#」と、結構なところで宣伝されていたので真意を確かめるべく購入
「Unityで始めるC#」にはチュートリアルが二つついており
一つが「脱出ゲーム」もう一つが「物理パズル」となっております。

 

脱出ゲーム

今回は脱出ゲームのチュートリアルに挑戦してみました。
前回、「初めてのUnity」をほぼ1日で制覇できたのもあり
今回も本自体は分厚いが、1日で制覇できるだろうとタカをくくっていましたが

 capture.1に3時間かかり

 1日かけても半分しか進まないという完全に侮っていました。

 

f:id:asouworks:20190214000504j:plain

二日目にて無事にチュートリアル「脱出ゲーム」を完走

 

感想

かなりボリューミーなチュートリアルでした。

やりごたえはあるかと思います。 

 ただ自分は、本当にスクリプトを見たことも触ったこともなかったので

自分なりに理解するのがかなり苦労しました。

しかし個人的に、これをチュートリアルという体験を通して

完成させられたのは結構大きかったです。

 実際にやっている段階でも色々と応用できそうだと感じましたし

今回初めて「タイトル画面」→「ゲーム内画面」と

ボタンで遷移させることができたのは収穫でした。

さらにimage画像をどうやって適用させるかもわかり

この二つだけでも満足度がかなり高いです。

これにより、自分でタイトル画面のデザインやUIimageを描けば

オリジナルのタイトル画面を完成させられ

アイコンなども適用できそうです。

 

~余談~

一点だけ注意というか気になったポイントを残しておくと

当たり前ですが発行されたのが結構前であり

2019年よりも前のverなので若干違う箇所があり戸惑いました。

あと、個人的にスクリプト例が1ページにまとまっておらず

途中で次のページに書かれている箇所が要所であったり

「前略」「後略」と結構ざっくり抜粋されてるところで

どこに書けばいいんだこれ?となったので

ここがかなりモヤっとポイントでした。(単純にわかりにくい

本という性質上しょうがない部分もあると思うので

電子書籍ならまとまってたりするのかなーとちょっと気になりました。

 

part.2はこちら

asouworks.hatenablog.com